FANDOM


マル・Mal ミドルネームはマーサ。眠れる森の美女の悪役マレフィセントの娘。4人の中ではリーダー的存在。ロスト島にいた時は悪さばかりしていたが、自分の欲求を満たすためというよりは、母親の期待に答えるため。オラドン合衆国に招待されると、母から「フェアリーゴッドマザーの杖を盗む」という任務を受ける。絵がとても上手いが、落書きだから楽しいと言っている。

レディ・マレーフィシェント「Mal」Berthaは、ディズニー・チャンネル映画の子孫、子孫2、そして子孫:ウィキッド・ワールドの主人公です。彼女はMaleficentの娘です。 自然に生まれたリーダーとして、マリアは妖精の大魔道師の魔法杖を盗むために母親の邪悪な計画を実行し、呪文を描いたり詠唱したりします(ただし必要な場合のみ)。 シリーズが進むにつれ、マルは彼女の恐怖と目標の多くを失い、彼女の真の自己と調和します。したがって、彼女は良い人生のために、悪の中空の生活を放棄します。友情と愛をもって、マールは彼女の母親が教えてくれたことで満足できなかった心の穴を埋めることになりました。

alは、自然に生まれたリーダーであり、スプレー塗装を含む芸術的なものに熟練した、卑劣で、スマートで無慈悲な女の子です。彼女はある程度自信を持っていますが、彼女はまた、複数の人を赦し、他の人を簡単に許しません。彼女は芸術的であり、必要な場合にのみ呪文を唱えるための技巧を持っています。 Maleficentの娘として、彼女は彼女の母親のようになりたい:純粋な悪。しかし、母親に自分自身を証明しようとするたびに、彼女はしばしば代わりに彼女を失望させます。しかし、彼女は悪い計画を思いついて楽しんで、彼女の評判のために彼女の前の学校で最も恐れられています。彼女は美しい環境やピンク色のものは好きではなく、恐ろしいものだと気づいていますが、時には人生が島からどのように離れていくのか不思議です。それにもかかわらず、彼女は必ず不道徳ではない。彼女はちょうど誤っている。彼女の "平均的な女の子"ファサードは、彼女は母親の目に弱いと見なされたくないので行動です。 Malficentが尊敬している唯一の方法です.Malについてはまったく気にしませんでした。 BenはMalの行為(自分自身を含む)を通して見た唯一の人であり、彼女が誰であるか、良い人であることを見て、彼はMalのミドルネームを知っている唯一の人です。彼女は過度に皮肉な傾向があり、Wicked Worldによれば、奇妙な泥の愛があります。